おすすめ電子タバコ OBS Cheetah 2 mini RDA アトマイザー

正直全然気にしだしてないでしたんですが、今回提供のお話がありまして調べたらデッキが面白い。
ある意味ビルド苦手な私でも捗るのではないと期待やりたいところ。
早速見ていきましょう!スペック OBS製 ステンレススチール製 2ポスト4ポールデッキ アトマイザーサイズ:直径:22mm x 長さ:35.5mm 510接続小さくて私好みのサイズ感。
これ22mm径なですが、実はminiと付いていない名前のCheetah 2 RDAっていうのが別にありまして、そちらは24m径ということであるよ。
買い求められるときにはお間違え無きよう。
内容物いったん開封していこう。
箱はこのような感じ。
パカッと開封。
スライド式。
中身はこんな感じ。
Cheetah 2 mini RDA 本体 クラプトンコイル(0.5Ω) ×2 交換用Oリングやらネジやら ドライバー コットン マニュアルコイルのΩ数は実際にビルドして確認。
付け加えると裏側はこんなデザインです。
製品名が彫ってあるのです。
バラしてみた。
左からデッキ、チューブ、トップキャップ、ドリップチップ。
デッキはもっとバラせますがまぁバラすことのないでしょうしこのままで。
ポジティブピンは調整できない。
出っ張り具合はまぁ普通…より出てないでしょうかな。
ちょっと気に触る所ということでハイブリッドMODへの接続はやめておこうかなというところ。
ドリップチップはワイドボアのハーフインチサイズ。
510ドリップチップは使えません。
こちらがチューブ。
2つの横長のエアホールが空いているのです。
今気づいたけどめっちゃ指紋つきましたりするな…ごめんなさい。
トップキャップはみんなが好きな滑らかなドーム状。
このトップキャップを動かしてエアフロー調整をする形になるのでしょう。
これがデッキ。
ジュースウェルも深めで保持力もそれなりにありそう。
コイルの固定はこのクランプデッキとネジ止めを合わせたような構造になっています。
クランプ側はネジを緩めるとしっかり下のクランプが降下していって、ワイヤーを通すのが凄く楽。
ビルドしてみる仕方がなくなったのでビルドしていきましょう。
付属のクラプトンコイルにて。
多分0.5Ωの3mm径5rap。
デュアルにすると0.27Ωになりましてしまったので多分1個0.5Ωじゃないでしょうかなーと。
0.6Ωかもしんない。
こんな感じですので。
エアホールからコイルががっつり見えますくらいに置いてみます。
このデッキ、本当にビルド楽です。
クランプ部分とネジ止め部分で高さが違いましてるのと、クランプ部分がちゃんとネジを緩めた分だけ開くってのが素晴らしい。
ビルド苦手な私でもバンバンビルドできる。
ドローはエアホール全開だとかなりスカスカなんですけど、閉じればそれなりに重くも出来るので好みに合わせて調整できます。
で、付属のコイルで組んで使ってみたらまぁこれ、めっちゃアトマがアッチッチ状態です。
素直に単線で組んだ方がよさげ。
このコイルダメとなったら組みなおそう。
ビルド嫌いでも組みなおそうと思えるくらいにビルドが楽っていうのもあげられますけど。
やっぱりどっちかといいますと爆煙用アトマではあると思うので、爆煙用でも22mm径で探していんだ!って方にはいいのかも。
見た目もいいし各部位のハマり具合もちょうどいい精度です。
全体的に綺麗。
ビルド苦手だけどデュアルわかりやすく組みたいーって方もぜひ!
おすすめサイト⇒電子タバコ リキッド

カカクコムのレビューを参考にしよう

カカクコムのレビューを皆さん読まれていますか?

カカクコムのレビューは、実際に購入された方が商品を購入し、様々なレビュー項目の視点から商品の評価を行っております。
だから、ネットショッピングの場合は実物に触れたりよく見てから購入が出来ないので、購入者のレビューはとても重要な情報となってきます。

レビューを読まれてから商品の購入を決断することがネットショッピングの場合はとても多いと思います。
ぜひともみなさんも、カカクコムのレビューを参考にしてからネットショッピングをお楽しみください。お世話になってるサイト⇒http://kakaku.com/